只今開催中の「八幡はるみ展」、国民文化祭美術展の審査員として来県していた八幡先生をお迎えし、ミニレクチャー「工芸、これからのものづくり」と題してお話しいただきました。
京都造形芸術大学で教鞭をとりながら第一線で活躍されている八幡先生のお話は分かりやすくかつ面白く、会場にいらして頂いたお客様も真剣にメモを取られる方もいて熱心に聞かれている姿が印象的でした。


こちらの催事は9/6(土)までの開催です。八幡先生のアート作品とも言えるシャツ、是非ご試着して下さいませ。

さて明日から2日間、弘前にて展示会を開催いたします。
こちら題して「アジアの工芸と鶴谷美智の手仕事展」です♪

先月開催した、バーンロムサイ展の旅するマーケットに参加いただいたASSOBOOさんのお勧めで、弘前市立百石町展示館にて店外催事をする事になりました。
明治の時代には呉服店だった建物で、大正時代には銀行になりその後、市に寄贈され保存活用の為の整備をして、今では市民の文化活動の為に様々な方に利用されています。
古建築らしくその佇まいも素晴らしく、展示に適した設備があり、弘前の町中にあるので
ピッタリだと言う事になりました。

何といっても心強いのは、ASSOBOOさんも同じ日程で同じ場所で開催されると言う事
今年のバーンロムサイでは大人気を博したASSOBOOが同じ会場の2階で、ヨーロッパっぽい設えで展示をされるとのこと、ブログに上げている洋服やブローチがすごく可愛くてお客さんで行きたいくらいです♪


当店では鶴谷美智さんとのコラボでアジアの工芸、布と青森の裂織をメインにした展示会を開催いたします。


鶴谷さんはアジアの古布と青森の裂織を組み合わせた洋服や小物などを創作しています。
根強いファンが多く、作品を楽しみにしている方も大勢いらっしゃいます。

今回は当店のコレクションしたアジアの布や工芸品も沢山お持ちします。
そちらへは、ご隠居と三代目が皆さんをお迎えします。

どうぞよろしくお願い致します

アジアの工芸と鶴谷美智の手仕事展

2014年9月1日(月)<営業時間・11:00〜20:00>
9月2日(火) <営業時間・9:00〜19:00>


 長々と降り続いていた雨もようやく上がった模様。肌寒いようなどんよりした天気から

晴れ晴れとした夏へ!もっと明るい陽射しが待ち遠しい日々です。

小松クラフトスペースでは6/13から、華やかにRocojuliの春夏コレクション展がスタートしております!今回のRocojuliさんのテーマは「Voyage la mer〜航海」、旅に憧れて、旅に連れていきたい、爽やかな色味のシルクやコットン素材のお洋服が沢山入荷しています!

今回はそのイメージに合わせて、会場に旅にふさわしいディスプレィをして見ました。

インドの鉄のトランクを使って、外国各地の古い切手や、アンティークガラス瓶を配置して見ました。


こちらはご隠居の革のトランクを使って、旅マ 忠犬明日香氏から留学時に送られた来た
エアメールをディスプレイして見ました。


女子のハートをがっちり掴むRocojuliさんのワンピース!コーラルピンクで幸せ〜な気分になりますね☆カーディガンボレロは、カシミアと綿素材で肌触り最高ですよ〜。


華やかなシルクの素敵なデザインばかり!

その他にいつも楽しい個性的なデザインのwool,cube,wool!のバックや小物も入荷しております。


勿論、夏恒例の粋で、素敵な浴衣も揃えました!
日本人なら浴衣をまず一つ!日本を代表する老舗の竺仙をはじめ、秋元沙織里藤井絞の浴衣や帯も取り揃えております。


夏の風物詩の金魚に、モダンな柄を取り合わせて。爽やかな麻のトルコブルーの帯で合わせてみてはいかがでしょう?


大ぶりなグリーンを基調とした、薔薇模様。派手が柄が好みのお方や、背のお高い方に
帯はレースで女の子らしく・・。

浴衣には必需品とも言える、草履も沢山揃えております。
菱屋カレンブロッソさんの他、大仙市の和装はきもの加藤さんからもご出品いただきました。

手ぬぐいやお扇子も色とりどり沢山入荷しております!ちょっとした贈り物にお選び頂く方もいらっしゃいます。

夏きたる展〜旅を纏ってお出かけしよう!

7/5(土)までの開催です! 今週20日(金)21日(土)終日 22日(日)午前中はRocojuliのひろこさんも在廊致します!是非この機会にご来店下さいませ〜







 人気の島根県・石見銀山にある服飾ブランド「群言堂」の春夏新作展始まっております。

日本の産地で生まれたこだわりの布素材を使い、暮らしを楽しむ女性に向けたファッションを提案しています。

今年はいち早く夏に活躍出来る素材のお洋服が、入荷しております。

上品な綿素材や軽くて柔らかい麻素材など、初夏にぴったりなお洋服や、普段使いでも着心地の良いお洋服が沢山です。


ウィンドウは麻素材の爽やかな、ミントグリーンのロングブラウス


ポップで楽しいデザインの生地を使った、夏らしいノースリーブワンピース


普段使いにもお出かけにも粋に可愛く決まるお洋服♪


暑い季節にも爽やかに着こなせる、麻のブラウスです

5/9(金)〜5/31(土)10時〜18時 期間中は無休です。




先日Red houseで開催した「インド古典音楽LIVE・新井孝弘&ユザーン」で、お二人の信じられない テクニックと、最高のインド古典音楽に驚愕したお客様がたくさんいらっしゃったと思います。

そのお一人、サントゥール奏者 新井さんから紹介いただいて、急遽映画の上映会が決まりました。

流石新井さんの紹介だけあり、こちらの映画は内容は勿論、監督の寺岡默さんの人となりも大変興味深いものです。

あらゆる場所を旅し、様々な人と会ってきた監督さんと直接お話できるチャンスです
どうぞお誘い合わせの上遊びにいらして下さいませ。

詳細です


『バルカンへ~from Tokyo to the Morava river~』





監督:寺岡 黙(日本)
主演:ベキム・セラノビッチ(ボスニア)...
上映時間:77分、 字幕:日本語・英語
音楽:Otoji + ray(日本)

放浪の旅に憧れていた日本人映像作家と、旧ユーゴスラビア紛争により祖国を追われノルウェーに亡命したボスニア人が一通のメールをきっかけに出会い、混沌のバルカン半島を共に旅して生まれたドキュメンタリー作品。ノルウェーの首都オスロからスタート、クロアチア、ボスニア、セルビアを経てサヴァ川を下り、黒海を目指した約2ヶ月半に渡る旅の記録。国内の映画館未公開作品。

5月16日(金)秋田市 BAR Redhouse
OPEN18:30 START19:00
¥1500(1drink付)

※映画の上映と寺岡黙さんのトークショーです

寺岡黙プロフィール

1971年生まれ。1995年日本大学芸術学部美術科(彫刻コース)卒業。
バンド活動、下水配管工を経て1999年に世界放浪の旅出る。
それ以来「旅を映像で表現していきたい」と思うようになる。その後、映像制作の仕事に携わり、2006年にボスニア人・ベキムと共にバルカン半島を旅し『バルカンヘ』を撮影。その後フリーランス・ディレクターとしてドキュメンタリーを中心に創作活動を続ける。また、旅を描く画家としても活動し、2011年ニューヨーク・SOHOのギャラリー”Puffin Room”にて展示。
2013年非営利団体Association des Petites Cités de Caractère de Bretagneが主催するプロジェクト「L'Art dans les Cités-Peintres Japonais」のレジデント・アーティストに選ばれフランス・ブルターニュにて創作活動ならびに展示会を行う。

◆主な監督作品
2001~2005「旅人は星を数える」(PV、NHK)
「女子十二楽坊 〜12人の美しきミューズたち〜」(ドキュメンタリー、NHK)
2006~2007「バルカンヘ」撮影。
「BaBa ZuLa with Nourah Tour in Denmark」(ドキュメンタリー)
2008 「My Generation」(Jun Sky Walker(S) ツアードキュメンタリー映画)
2009 「世界最古の恐竜展」(展示映像:NHKエンタープライズ)
2011 「ホットスポット〜福山雅治 最後の楽園をゆく〜」(ドキュメンタリー、NHK)
「妙心寺退蔵院襖絵プロジェクト」(PV)
2012 「フローズンプラネット〜大沢たかお 南極大陸をいく〜」(ドキュメンタリー、NHK)
「八坂便り」(ドキュメンタリー)
2013 「大沢たかお 神秘の北極圏 ̶光りと闇の旅̶」(ドキュメンタリー、NHK)
「バルカンヘ」(スラブ語字幕、ファイナルエディション版)
2014 「Plava Sava spava」(ベキムの最新作の小説 "Tvoj sin, Hucklberry Finn"のDVD※現在製作中)

『バルカンへ』HP
http://tokyo-balkan.com/

寺岡黙
http://hosomichi.typepad.jp/about.html

チケットのご購入、ご予約は

小松クラフトスペース
筺。娃隠検檻牽械掘檻隠隠隠
kazu☆komatsucraft.com(☆を@に変えてください)

BAR Redhouse
筺。娃牽亜檻隠僑僑魁檻械毅僑
まで(※要予約)

 先週はアルヴェのきらめき広場での「輪茶フェス11」に参加しておりました。
遊びに来ていただいた皆様、ありがとうございました。

当日は沢山の可愛い、キラキラハンドメイドな参加者の皆さんに囲まれた中、「縄文ブローチ」というマニアックな商品などを出して「小松クラフトスペース」として参加しておりました。
イベント限定の「縄文ブローチ」6人の方にお嫁に行きました、意外と県外の方に受けております(笑)静岡や鎌倉、東京などへ旅立ちました。ありがとうございました!

さて春めいて、花粉が飛び始めたこの季節、イベント日和とも言えます。
小松クラフトスペースでは今週末もイベントへ参加いたします!

その名も「オジフェスvol1」。テーマは「つながる」、昨年秋田へ帰郷したカメラマンのオジモンが企画した、秋田でつながった方に参加してもらうイベント。
オジモンがいつもスタジオで使用している場所での開催です。
オジモンとはとある飲み会で初めて出会い、なぜか意気投合してしまい、その翌年の「紅玉の国へ行くvol3」に初めて出てもらったのが始まりでした。
ポートレート撮影と言う、しょしがりの秋田県民には浸透していないジャンルで、自分なりに工夫を重ね、今では旅マでも目玉な参加者として活躍してくれています。


そんな彼女が企画した「オジフェス」。場所の広さの割には盛り込み過ぎや!と突っ込みを入れたくなるこの企画。この言葉が嘘ではないことをどうぞ実際この場を訪れて確認ください。

今回小松では限られた場所ですので、イベント限定あの!ブローチや、アクセサリー、春のショール等持っていきます。目玉としてトランクにお買い得商品も抱えて参りますのでどうぞお楽しみに!

小松クラフトスペースは 3/29(土) 30(日)の参加です。両日11時〜17時30分

お問い合わせ等はこちら


 冬に舞い戻ったようなお天気、春の暖かさに絶大な期待を抱いている身としては
かなり堪えるのであります。
日々「春よ来い」願っています。暖かくなってくると、あちこち旅にでも出かけたくなると言うものです。こちらのブログは「旅するマーケット」なのですが、こちらは少しの間お休みをお頂いておりまして、その代わりに「小松クラフトスペース」の嫁としてイベントの旅に出たいと思っている訳です。
3/1の「寺NOVA マーケット」を皮切りに、幾つかイベント出店が決まっております。
先ずは3/23(日)に秋田駅東口「拠点センターアルヴェ」で開催される「輪茶フェス 11」に出店致します。旅するマーケットでお世話になっている石岡さんが企画している人気のイベントです。沢山の魅力ある作り手さんが参加しますが、旅マでもお世話になっている方もいて、お会いするのが楽しみです。小松では入荷したばかりのバリのアタの細工の雑貨や、海外で買い付けしてきたこれから身に着けたいアクセサリーや、春のショールなど様々お持ちする予定です。「寺NOVA マーケット」で人気を博した、あの商品も新作制作してお持ちしますのでどうぞお楽しみに!
また当店2Fギャラリーでは企画展 「オリエンタルアンティーク ~東洋の美術と布」を開催中です。
三代目一押しのアンティークばかり、ちょっとした博物館か、美術館という感じです。
是非ご覧になってくださいね!こちらは4/5までの開催です(3/23 3/30はお休みをいただいております)
今月末にはあのイベントにも参加いたします!詳細はまた後ほど・・

 「明けまして遅れまして」と書いたのは1月11日の事・・・何たることか・・
というよりいつもの事でした。
ぼやぼやしていた訳ではないのですが、気づけばもう立春も過ぎ、3月ももうすぐそこまで迫っています。春の足音はもう少しなお天気ですが、春の暖かさが待ち遠しい日々ですね。
 
フェルト工芸作家のジョリー・ジョンソンさんと、ニット作家の高祖かず子さんの展示会です。
 
ジョリーさんはアメリカ・ボストン生まれですが、京都の伏見に25年住み、幾つかの大学での講義や通信教育で全国に沢山のお弟子さんを持っています。フェルト工芸では第一人者のジョリーさん、昨年はお友達のベニシアさんの展示会にも出展されたり、NHK・Eテレの「おしゃれ工房」(現・素敵なハンドメイド)にも出演し、作品を制作されています。
ジョリーさんの作品は、フェルトの色使いの美しさと、羊毛と綿やシルクなどの異素材を組み合わせた創作が特色です。
 
京都の古いお家を工房と住居にされています。昨年の夏、工房にお邪魔いたしました。

 

 
スターバックスのデザインが好きで作成した、コーヒー染のカフェラテワンピース。
一緒にドーナツブレスレットはいかがでしょうか?
 
ジョリーさんのベストフレンド、高祖かず子さん。佐賀でギャラリーを運営していらっしゃいます。カラフルな色遣いが特色で、着る人の個性を引き出す楽しいセーターです。
ジョリーさんの作品がより引き立つデザインです。
 
春先も楽しめる布合わせのショールです。
 
私のお気に入りのジョリーさんの作品の楽しみ方をご紹介。
長い長方形のフェルトは、壁掛けにもなりそうなデザイン。
 
くるっと巻いたら、ミニマフラーになっちゃいます。
 
一見普通のマフラーかと思いきや・・。
 
コートの下に合わせたら、ベストみたいな雰囲気に!
 
フェルトの穴の中に入れてみたり! ジョリーさん曰く、ユニセックスに使えるデザインだそうで、仲良くカップルでもお使いいただけますよ☆
以前開催したジョリーさんと高祖さんの作品展の際に購入したフェルト作品やセーターをお召になってご来店いただくお客様が沢山いらっしゃいました。お二人の人気の高さと、作品のクォリティの高さを改めて感じました。
 
それぞれのお気に入りジョリーさんのフェルト作品を身に着けて、パチリ!
『ジョリー・ジョンソン&高祖かず子展』は3/1(土)まで小松クラフトスペース2Fギャラリーにて開催中(期間中無休)
 
1Fでは釜石市平田の仮設住宅の皆さんが作成した手芸作品を展示販売する『震災復興チャリティーマーケット』も昨年に続き開催しております!

 先日レオナルド・ディカプリオ主演の方の「華麗なるギャッビー」を観ました
ストーリーはさておき、その衣装の華やかさと花の美しさに魅了される作品です

めくるめくパーティーのシーンで美しい女優さんたちが煌びやかに身に着ける
プラダ、ミュウミュウのドレスの華やかさ!とティファニーのジュエリーの気品ある美しさにはため息が出ます。

『Reine(レンヌ)-王女の休日』とはこの事かしら?とドキドキしました
只今「小松クラフトスペース」にて、12/6から開催しているRocojuliの秋冬コレクション展のテーマです。
質のいいインドのシルクやレースと、佐藤繊維にオリジナルで作ってもらった糸で
出来た、軽くて暖かい見た目にも素敵なニット!
ご試着するお客様が美しく変身する姿を見るたびため息が出ます


おしゃれってとても楽しいことですね!

12/13 14日の2日間Rocojuliのデザイナー カズちゃんが在廊いたします!
あなたをさらに美しく可愛く変身させてくれますよ♪


『Reine(レンヌ)-王女の休日』を楽しむ商品まだまだあります!



クリボテラの新作タイツ達です。リピーター続出!暖かくて丈夫で可愛いの三拍子。クリスマスプレゼントに如何ですか?



Funny Faceのインドのミラーワーク刺繍の布を使ったオリジナルバックです
貴重なインドのハンドメイドのミラーワーク刺繍の布は、圧巻です



SIERRA Y SELVAの南米アンデス、アマゾンの染織&工芸品です
すべて手作りで、草木染した毛糸を使用していますので、手触りが柔らかいですよ。可愛い色合いで選ぶのに時間がかかるんです(笑)


『Reine(レンヌ)-王女の休日』は12/28までの開催です。

                    【期間中無休】





 ご紹介したい事が沢山で、ここ最近珍しい一日二度更新♪

寒いという言葉しか出てこない昨日今日、「寒い、寒い」という言葉しか出ません。
「寒いのは分かっているから、言わないように」と言われますが、言われれば言われるほど
「寒い」しか出ないものです。
そんな寒い冬を心地よく楽しめる物がいろいろ入荷しております

体を芯から温めて、お洒落に着こなせる「Rocojuli」のニット


色合いも温かみのある、ニットドレス 
44600円(税込)


黄色の色味が可愛いです〜。他にもネイビー有
ニットジャケット イエロー 42000円(税込)


ベビーアルパカ使用して肌触りと温かさ最高です
ニットカーディガン グレー 他にもレッド、ベージュ有
33075円(税込)
スヌード ネイビー 16800円(税込)他にもレッドとイエロー有

人気のRocojuliさんの秋冬の催事もいよいよ12月に開催予定
こちらの詳細はまた後ほど!どうぞお楽しみに

まだまだ沢山あります〜


タグアリング 800円〜 *色とりどり、ハデハデな大きめのリングですが、とってもおしゃれです。
タグアは中南米地区に自生する「象牙椰子」とも呼ばれる植物の種子です。
ベジタブル・アイボリーとも呼ばれ象牙に代わるEco素材として注目されています。


リャマキーホルダー 600円 *すべて手づくりで、ひとつひとつ表情が違います
コンドルキーホルダー 1000円


アルパカ手編み手袋(様々色合いあります) 4800円


インド ウール、パシュミナショール様々入荷しています


クリスマスにピッタリなキャンドル

クリスマスのプレゼントにもぴったりな雑貨揃ってます!

皆様のご来店お待ちしておりまーす

  



 雪が遂に降ってきました・・初雪がやってくると春から秋と温かい季節を過ごした体には堪えますね。

この単語から思い浮かぶのはシタール奏者のヨシダダイキチさんの事。大変個人的なイメージですが、ヨシダさんが秋田にライブに来る季節に寒々とした空気で、ちらちら雪が降りだして
夏用タイヤで来たヨシダさん達が大変な思いをして帰ったという事を思い出します。

今年もそんな季節がやってきたなぁと今朝の雪景色を見ながら考えていました
秋田への道中大丈夫かしらんなんて心配もありますが
今回、久しぶりにヨシダさんの演奏を小松クラフトスペースで開催することになりました
アフリカ マリ生まれ コラ&アフリカンギター奏者 ママドゥ・ドゥンビアさんとのライブです

今回は秋田ツアー、小松クラフトスペースを皮切りに能代の「感応寺」、男鹿の「雲昌寺」と
まわります。


小松では只今 写真展『俺のたそがれ紀行3』が開催しております。

こちらのライブのチケットにはお土産として、ご隠居の「たそがれ見聞録3」付です!(ご隠居のサイン付きかも?)
予約承っております。詳しくはこちら

どうぞ宜しくお願いいたします





PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 斎藤洋(風布)×高木絵麻(えまぐるみ)面白い人たち
    puratto加藤一恵子
  • くだらないとな日々
    izumimi
  • くだらないとな日々
    ASSOBOO
  • 束の間の夏休み
    izumi
  • 束の間の夏休み
    いばさく
  • バーンロムサイ くまとパリの恋するアクセサリー終了
    izumi
  • バーンロムサイ くまとパリの恋するアクセサリー終了
    いばさく
  • 忠犬明日香激励会の巻
    izumi
  • 忠犬明日香激励会の巻
    れっど
  • 四十の年
    izumimi

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM